タグ別アーカイブ: 除菌

弱酸性次亜塩素酸水溶液「キエルキン」


コロナウィルス「COVID-19」の影響により、ドラッグストアからマスクやアルコール・除菌シート等が消えました。そこでTVでも騒がれているのが、次亜塩素酸です。

しかし、日本政府は、効果を認めていない

何故でしょうかね!やはり医薬品メーカーとのコネでしょうかね?

しかし、この次亜塩素酸は、病院、歯科医院などでは、当たり前に使用されております。

何故なら、除菌力が凄いのです。本来、次亜塩素酸は、食品(野菜洗浄)、食品添加物として認められた製品なのです。「キエルキン」は食品添加物ではありません。次亜塩素酸水溶液として販売させれております。世の中で販売されている次亜塩素酸系は、殆どこの次亜塩素酸水溶液です。中には濃度を大きく表示している商品も在りますが、安定化させる濃度は、200ppmが、一番安定化しやすく、実際に効果を発揮するのは、40ppm、ph5.5~6と言われております。病院では、ph2.5位の強酸性を使用し、水虫や皮膚の損傷などの治療で使用している所もあります。

キエルキンは、静岡のラジカルラボ社が製造する次亜塩素酸水溶液です。

株式会社ユニオン・イズムは、「キエルキン」の正規代理店です。

次亜塩素酸水溶液ならどれも同じでしょうとお考えの方は、一度下記動画を見て下さい。

遠賀中間医師会病院のドクターが解説するキエルキンとは?

また、TV報道も相当あります。

幼稚園

各メディア報道動画

 

他社の製品で、これだけ取り上げられている商品は、ありますか?

エビデンスだけでは、報道されませんよね!

 

何故、キエルキンが安心・安全なのか?

キエルキンは独自製法により作られた除菌剤。安心安全で、かつ急速に除菌、ウイルスを除去 することができます。それは体内で白血球が起こすしくみと全く同じ。作用後は水に戻ります ので、安心してお使いいただけます。

 

日本食品分析センター

次亜塩素酸有効塩素濃度 約5700m

塩化ベンザ酸コニューム酸有効塩素濃度 約50000m

次亜塩素酸ナトリュウム有効塩素濃度 約20000m

 

アレルゲン分解・除去効果も

 

50ppmのキエルキン(4倍希釈)がスギ花粉アレルゲンCryj1を

99%以上除去することが証明されました。

この表は、東京アレルゲン研究所によるスギ花粉アレルゲン不活性化試験結果

 

また、熱に強い芽胞菌も「キエルキン」は、不活性化出来ます。

エボラ出血熱対策としてリベリア共和国でも活用されております。

リベリア大使館より送られた感謝状

 

2014年11月、リベリア共和国のエボラに対する緊急措置としてキエルキンそのものを供給。ただちにリベリアへ送られました。

「今後はエボラだけではなく、長期的に様々な感染症対策をラジカルラボと共同して行っていきたい」との言葉を頂きました。

 

注意点

  • 食品添加物ではありません

食品製造現場で生産したものに関しては食品添加物となります。

 

  • 医薬品、医薬部外品ではありません

殺菌、ウイルスやアレルゲン不活化などと表現ができません。

医薬品は使用箇所を限定される。安全で何にでも使用できるキエルキンの特性が

スポイルされてしまいます。

 

  • 農薬・特定農業資材ではありません

農業向けに使用したい!という方が多いですが、自己責任となります。

そもそも残留物がないため農薬成分の検査に引っかかることはありません。

  • 物質に反応、もしくは長期放置で水に戻ります

菌、有機物、あるいは空気中の様々な物質と反応してただの水に戻ります。

これこそがキエルキン安全性の証明です。

お求めはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


LED紫外線ライト「ホセトールⅡ」除菌


昨年末より、世界中を襲ったコロナウィルス「COVID-19」、未だ衰える事無く、世界中をパンデミックな状況にしてしまいした。今までも、インフルエンザ、ノロウィルス、大腸菌による、お店の閉店、今後も、どの様な菌、ウィルスが発生するか解りません。

 

今回のコロナウィルスに打撃を与える、紫外線「UV-C波」これは、アメリカ政府「国土安全保障省」が、紫外線や高温多湿の環境「気温25度、湿度80%」でウィルス減少効果があると発表しました。しかし、湿度80%とは、中々、無い環境と思います。そこで、今回ハンディで何処でも紫外線除菌の出来る、「ホセトールⅡ」を販売致します。

サイズは、140×35×40㎜とコンパクトながら、強力な紫外線「UV-C波」275nmを照射します。乾電池「単4×2本」で3~5時間使用出来ます。
本来、殺菌と表現したいのですが、薬機法等もあり、除菌表記しております。

本製品は、紫外線「UV-A波」380nmも照射します。

3~5秒間の照射で表面の有害ウィルスを除菌します。

紫外線ライトは人体にも影響がありますので、目や皮膚への照射は、出来ません。

 

紫外線による除菌効果

本製品は、UV-A(紫外線A波)・UV-C(紫外線C波)除菌ライトを使用したポータブル除菌機です。

C波は、紫外線の中で、殺菌・滅菌・除菌に最も効果のある波長と言われております。LED紫外線ライトを放射したC波の紫外線は、微生物のDNAとRNAの分子構造を強力に破壊して、成長性細胞または、再生成細胞を消滅させて、除菌消毒率は、99.99%に達します。

※照射時間は、菌・ウィルスによって異なります。10秒とは、最小時間での効果です。

 

携帯しやすく、電池式(単4×2本)ポータブル設計なので、場所を問わず、何処でもご使用頂けます。(防水ではありません。)

ご家庭、職場、公衆の場所でも使いやすく、電車内、バス乗車中、飲食店での利用等で、人目を気にせず、ご使用頂けます。噴霧式の除菌剤は、公衆の場では、ご利用しずらく、周囲の目も気になります。

 

注意事項

UV-C除菌ライトを人体に照射する事は大変危険ですので、絶対に動物や人体に照射しないで下さい。誤った使用による目や皮膚の損傷等、一切保証致しかねます。高温・多湿な場所を避け、またお子様の手の届かない場所に保管して下さい。

 

お求めはこちらから

 


スーパーアルカリ電解水[FlashWasher」


強アルカリ電解水ってご存知ですか?

 

ユニオンイズム代表の田島です。

 

皆さん電解水ってご存知ですか?電解水とは、水から生まれた、衛生的、かつ環境に優しい水の事です。食塩などの電解質を電解層で電気分解し、得られた物質を水に混合して作られた物です。電解層の構造や、電解質の原料等で、色々な種類があります。本日は、弊社のスーパーアルカリ電解水「フラッシュウォッシャー」についてご案内させて頂きます。電解水には、弱酸性、微酸性、強アルカリ性、と分かれております。弊社のFlashWasherは、この強アルカリ性に属した分類となります。電解水を生成する際、電気分解には炭酸カリウム(従来のものは塩)を電解質として使用します。他社のアルカリ電解水の多くは電解質の炭酸カリウムを直接水に混ぜることにより強アルカリの電解水を生成します。しかし、フラッシュウォッシャーは電解質の炭酸カリウムを一切混ぜずに生成するため不純物がほぼゼロのアルカリ電解水が生成されます。(カリウムイオンのみが含まれます。)

どんな使い方ができるの

フラッシュウォッシャーは、生活環境の全ての場所にご利用頂けます。界面活性剤を使用しておらず、時間がたてば、水に戻るので、環境にも影響しません。キッチンや厨房では、まな板の洗浄、油汚れ、野菜等の農薬除去、コンロや換気扇、電子レンジの中の洗浄、食洗器の清掃、飲食店のビールサーバーの清掃等、お風呂場では、浴室全体の清掃、壁等は、カビの発生抑制、鏡等の清掃、ホテル等のシャワーカーテンのカビの抑制、部屋の中では、タバコのヤニ落とし、お子様の遊具の除菌・消臭、トイレ回りの消臭効果、衣類等の染み落とし(シミの種類により落とせないものもあります。)じゅうたんの汚れ、電球や家具等の汚れ落とし、車では、社内の清掃、ファブリックシートの汚れ落とし、天井等の汚れ落とし等、いや~色々あるので、書ききれません。

詳しくは、こちらから

使用に注意が必要な物

漆器・皮革類・銅製品・シルク製品・二ス塗りの家具・クリアコーティングされたメガネ・自動車の塗装面・宝石類等は、強アルカリ性の液体ですので、この様な物には使えません。科学洗剤と比べれば洗浄力は劣りますが、人体には、優しい水の洗浄・除菌・消臭ができる商品です。

実験

 

コップにラー油やごま油を入れ水で洗って下さい。ただの水では、水と油は分離し落ちません。フラッシュウォッシャーは、強アルカリ性の水ですので、水と油が混ざるのです。また、油性マジックをガラス等、表面がつるつるした物に書き、フラッシュウォッシャーを吹き付けると、油性マジックは、分解し、剥離してしまいます。また、プチトマト等をコップに入れ、フラッシュウォッシャーを吹き掛けて下さい。水では落とせない物が落とせるのです。是非お試し下さい。(最後は、水洗いして下さい。)

どんな所で使われているの

強アルカリ電解水は、ビール工場、乳製品工場、ビルメンテナンスのカーペット洗浄、コインランドリーの洗浄剤、CARメンテナンス工場の車内清掃、幼児施設の玩具・遊具清掃、養護老人施設での除菌消臭等、多方面にて利用されております。

他社との違い

 

アルカリ電解水は、以前より出回っております。強アルカリ電解水の特徴ですが、ph11以上の物です。しかし、このphを実際図りますと、かなり低い数値の物が世に出回っているのも事実です。ph13.8まで作れる工場は少なく、弊社のフラッシュウォッシャーは、ph12.68で作られます。ph11以上で殆どの菌は死滅します。最近では、100均ショップ等でも売られておりますが、実際のph値は、測ってみませんと解りません。ph12.68の原液を10倍に希釈すれば、phは、1下がります。よって、ph12.68の原液を10倍に希釈すれば、ph11.68となるのです。

 

何処で買えますか?

弊社のフラッシュウォッシャーは、業務用につき、20ℓ、5ℓのみご用意しております。

お問合せ画面にて賜ります。